4.10. サーバ

ウェブサーバダイアログ

サーバツールは Mercurial 内蔵のウェブサーバのラッパーです。 起動すればどんなコンピュータでも HTTP ポートでサービスを開始し、 リポジトリの閲覧や、クローン、プルだけでなく、サーバ設定を変更して許可することで プッシュも可能です。

ツールバーボタン:

:guilabel:`開始`
        ウェブサーバを開始します
:guilabel:`中止`
        ウェブサーバを停止します
:guilabel:`ブラウザで開く`
        既定のブラウザを起動してリポジトリを表示します
:guilabel:`設定`
        リポジトリのテーマ、説明、アクセスポリシーの設定をします

設定 ボタンを押すとそのリポジトリの設定ダイアログが開きます。 サーバ設定の詳細については Mercurial の Wiki を参照してください。

4.10.1. 複数のリポジトリ

1つのウェブサーバプロセスで複数のリポジトリを運用したい場合は hgwebdir.conf という名前のテキストファイルを作成し、そのファイルに次のような設定を記述してください:

[paths]
/ = /path/to/repositories/*

左辺の ‘/’ はウェブサーバにアクセスするときのパスで、右辺はローカルリポジトリの ディレクトリパスです。ここに複数の項目を記述することができます。

この設定ファイルを使用するためにウェブサーバダイアログを右クリックメニューから ではなく、コマンドラインから hgtk serve –webdir-conf=hgwebdir.conf を実行して起動してください。

4.10.2. コマンドラインからの実行

サーバツールはコマンドラインから起動することもできます:

hgtk serve [OPTION]...

web server

options:

        --webdir-conf  name of the webdir config file

use "hgtk -v help serve" to show global options